スポンサーリンク
スポンサーリンク

ミツバチのオスはヒモ同然!?追い出されることもある過酷な人生だった

雑学

ハチミツといえばミツバチですが、実はミツバチは完全なる女社会なんです。

オスはヒモも同然。メスが「あんたは不要!」と言ったら、そこでおしまいです。

 

ミツバチの巣には何万匹もの働きバチがいますが、実はそのすべてがメス!

メスがせっせと働いて蜜を集めてくるんですね。

メスがあちこち飛び回って蜜を集めているころ、オスは何をしているのかというと何もしていません(;’∀’)

ミツバチの寿命は30~40日くらいなんですが、メスはその生涯でいろんな役割をこなしていきます。

でもオスはなーんの仕事もせず、エサを食べさせてもらうだけ。

日がな巣の中でのんびりとしながら、メスに食事の世話までしてもらってるんですね。

どこからどう見ても、完全にヒモです(笑)

 

こう聞くと「なんかいいなー」って思うでしょ?

でもね、実はこの先に過酷な運命が待ち受けているんですよ。

 

スポンサーリンク

 

なぜオスは何もせずに許されているのか。

それはオスにしか果たせない役割があるからです。

そう、女王バチと交尾して後継者を作ることが出来るのはオスだけ!

こればかりは、メスもどうしようもありません。

普段は巣の中でメスの働きバチに口移しで餌(蜜)を食べさせてもらい、晴れると巣から出て女王バチが来るのを待っています。

女王バチが外に出てくると、オス同士の仁義なき戦いの始まり!(笑)

一番強くて優秀なオスが女王と交尾をすることが出来るんですが・・・

交尾が終わった瞬間、男性の大事なところがポキッと折れちゃうんですよ( ノД`)

そしてショック死して地面に落ちていきます。

一番強いからこそ女王とお近づきになれたのに、強いからこそ過酷な結末が待ち受けているんですね。

 

じゃあ、実は戦いに負けておいた方が得なのか?というと、そうでもないんです。

働きバチが蜜を集めて飛び回るのは、だいたい3月~7月にかけてとなります。

もちろん彼らのエサは蜜です。

つまり秋から冬にかけては、巣の中にある蜜はとても貴重なんですよね。

何もしないオスに与えるなんてもったいない!

そう判断した働きバチ(当然メス)は、オスを巣の外に追い出しちゃうんですよ。

そうするとオスは、もう飢え死にするしかありません。

なんかもう、一生の中で天国と地獄を味わってますよね。

容赦のないミツバチの世界です…。

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました