スポンサーリンク
スポンサーリンク

焦げたチーズの落とし方!鍋の焦げ付きも簡単な取り方でラクチン♪

鍋 焦げたチーズ 生活

みんな大好きチーズ料理。

鍋の〆のとろとろチーズや、チーズタッカルビ、グラタンやラザニア…。

とろけたチーズと、焼いてカリカリしたチーズ、どちらもとてもおいしいものです。

ただ、少し困るのはチーズの焦げ付き。

そこで、鍋を傷めたりすることなく焦げ付きを取る方法についてお話ししたいと思います。

スポンサーリンク

鍋の焦げたチーズが落ちない

私はチーズが好きなので、なにかとチーズを入れてアレンジをしています。

ごはんにチーズを乗せてアツアツのカレーをかけたり、豚肉とキムチとチーズをゴマ油で炒めたり。

グラタンやラザニアにはたっぷりとチーズを乗せて焼くし、鍋の〆は和風でも洋風でもチーズリゾット♪

 

チーズオムレツや盛り付けてからチーズをトッピングするときはいいのですが、フライパンでチーズを炒めたり、グラタン皿に入れてオーブンで焼いたりするとチーズが焦げ付いてしまいませんか?

食べているときはカリカリとトロトロが楽しめていいのですが、後が大変…。

お皿や鍋は、材質によってはなかなか取れないし、フォークでガリガリすると傷がつきそうで怖いものです。

焦げ付いたチーズはどうやって落としたらいいでしょうか。

 

焦げたチーズの落とし方いろいろ

焦げ付いたチーズの落とし方はたくさんあります。

ひとつずつ見てみましょう。

 

ステンレスたわしやメラミンスポンジ

目の細かいたわしや、繊維の細かいメラミンスポンジで焦げをひたすらガシガシとこすって落とします。

きれいに落とせますが、鍋や食器の材質によっては傷がついたり変質する原因になりますので、おすすめできない場合もあります。

 

熱湯プラスお酢

やり方は簡単です。

鍋に熱湯とお酢を入れてしばらく置くだけなんですよ。

こびりついていたチーズの乳成分と、お酢の成分が反応して、チーズの焦げ付きが自然に浮き上がってきます。

あとは、浮いてきたチーズを取り除いて普通に洗うだけできれいになりますよ。

 

重曹

重曹も、焦げ付きを落とすのに効果的です。

焦げ付きの落とし方は、

1.鍋に水を入れます。

2.鍋の中に重曹を大さじ5杯ほど入れます。

3.そのまま火にかけて沸騰させます。

4.煮ているうちにチーズの焦げ付きが浮き上がってきます。

5.浮き上がってきたら焦げをはがして、鍋の中の水が冷めるまでそのまま置いておきましょう。

6.鍋の中の水が冷めたら、スポンジでやさしく洗うときれいになります。

 

いずれの方法も、スポンジで洗うときにチーズの油分でスポンジがヌルヌルにならないように、最初にキッチンペーパーでチーズを拭いてからスポンジを使うといいですよー。

 

スポンサーリンク

チーズの焦げ付きの取り方ならこれがいちばん!

チーズの焦げ付きの取り方はいろいろありますが、万能なのは水と重曹を使ったやり方です。

たいていの鍋を傷つけることなくきれいにすることができます。

また、重曹は口に入っても問題ないので、鍋をきれいにするのにも最適ですよ。

ただ、アルミ製の鍋の場合は、重曹ではなくお酢を使ってくださいね。

 

また、焦げ付きをきれいに落とすことも大切ですが、最初から焦げ付きを防ぐことも大切。

いろんな方法があるので、試してみてください。

 

クッキングシート

フライパンで調理をするときは、焦げ付き防止のクッキングシートを敷いてから調理すると焦げ付きを防ぐことができます。

調理したあとはシートを捨てるだけでいいので、後片づけも簡単ですね。

 

よく混ぜる。

フライパンで調理をしてチーズを加えたときは、よく混ぜながら仕上げましょう。

油があまりついていないフライパンの側面やフチに具材がくっついていたら、早い段階ではがして具材が焦げないようにするといいですよ。

また、調理が終わってからもずっと具材を入れたままにしていると、余熱で焦げ付くこともあります。

盛り付けが終わったらキッチンペーパーでサッとぬぐっておくと、フライパンの余熱で焦げることがなくなります。

 

テフロン加工のフライパンを使う。

テフロン加工されているフライパンだと、具材やチーズがくっつかずに調理できるので、焦げ付くこともあまりありません。

油を敷かずに調理ができるので、ヘルシーに仕上げることができるのもうれしいポイントですよね。

 

グラタン皿にバター

グラタンやラザニアを作るときに、グラタン皿に薄くバターやマーガリンを塗ってから具材を入れてチーズを乗せて焼きます。

このとき、お皿の側面やフチにも塗りましょう。

バターを塗ることで、コクや風味もアップしさらにおいしいグラタンになりますよ。

 

いっそ使い捨て

お皿にこびりついたチーズを取り除くのが大変なときは、いっそのこと使い捨ての容器を使うのもいい方法ですね。

アルミ製の使い捨てグラタン皿もありますが、アルミホイルを使っても手軽で楽です。

 

さいごにー焦げたチーズの落とし方!鍋の焦げ付きも簡単な取り方でラクチン♪

カリカリに焼いたチーズもおいしいですけど、ガリガリにこびりついてしまうと洗うのが大変です。

なので、チーズを焦げ付かないように工夫をしたり、きれいに焦げ付きを落とす方法をいろいろ試したりしてみましょう。

後片づけの苦労を考えずにおいしいチーズ料理が楽しめるといいですね。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました