スポンサーリンク
スポンサーリンク

犬と赤ちゃんの接触はいつから?同居でアレルギーやばい菌は大丈夫?

ペット

赤ちゃんと愛犬には兄弟のように過ごして欲しいというのは愛犬家にとって理想の形ですよね。

でも心配な事もいくつかあります。

動物アレルギーや衛生面が特に親御さんにとっては心配の原因ではないでしょうか。

赤ちゃんと愛犬が一緒に生活する上で気をつけたい事をご紹介します。

スポンサーリンク

犬と赤ちゃんの接触はいつからOK?

生まれたばかりの赤ちゃんは、お母さんからもらった免疫があるとはいえ、ばい菌には弱いもの。

愛犬との接触には不安を覚えるお母さんも多いですよね。

いつからなら犬と触れ合っても大丈夫という明確な基準はありません。

ただ、やはり犬から移ってしまう感染症もいくつかあるので注意が必要です。

短くても産後1カ月ていどは、できるだけ接触を避けるようにしたいところです。

 

また、これはワンコのためでもあるんですよね。

赤ちゃんは好奇心が旺盛で、犬のひげや尻尾を引っ張ってしまったり犬の嫌がる事をしてしまう事も多いです。

それが原因で犬が赤ちゃんに反撃をしてしまったり、赤ちゃんに敵対心を持ってしまったらその後が大変です。

赤ちゃんと犬、双方のためにも慣れるまでは、大人の目の届くところで接触させるようにした方が絶対にいいですよ。

大人の目の届かない時間は、柵などを使って赤ちゃんと犬の生活場所を分けるなどの工夫をしたいですね。

 

犬と赤ちゃんが同居でアレルギーにならない?

 犬は人間と違って毎日お風呂に入らないので、ダニやノミの心配もあります。

赤ちゃんがハウスダストのアレルギーや、動物アレルギーにならないか気を配ってあげましょう。

動物アレルギーに関しては、赤ちゃんと犬との同居がアレルギーに悪影響を与えているかどうかは、今の所はっきりとは分かっていないようです。

ハウスダストのアレルギーに関しても犬を飼っているからアレルギーになるというよりも、アレルギー物質に触れることが多くて発症するという考えの方が主流となっているようですよね。

スポンサーリンク

 

生まれた直後からペットと一緒に生活している赤ちゃんもたくさんいます。

私も私の兄弟も、犬や猫に囲まれて育ってきました。

そういった環境で育ってきた人がみんな、アレルギーを発症しているわけではありません。

絶対に大丈夫とも言えませんが、過剰に心配しすぎるのもよくないのかなとは思っています。

もちろん基本的なことは必要ですけどね。たとえば、

ペットの抜け毛をそのままにしたりせずに毎日を掃除をする

家の換気を心がけ、掃除や空気清浄機などで家の状態を清潔に保つ

犬と遊んだ後は手を洗ってから赤ちゃんを抱っこする

ダニ、ノミ対策をきちんと行う

こまめに愛犬のシャンプー、ブラッシングをする

などは心掛けておきたいところです。

特にブラッシングは、赤ちゃんのためだけじゃなく、ワンコと飼い主さんとの大切なスキンシップの時間にもなりますよ^^

 

そのうえで、赤ちゃんが生後半年位になったら一度アレルギーの検査をするのもいいと思いますよ。

ペットアレルギーやハウスダストだけでなく、食物アレルギーもチェックしてもらっちゃいましょう。

アレルギーがなければ掃除などにちょっとだけ手が抜けて気持ちが楽になりますし、アレルギーがあったらあったで、より適切な対策を取る事も出来ます。

 

犬のおかげで赤ちゃんがばい菌に強くなる?!

 赤ちゃんと犬の同居にはアレルギーの件やばい菌の心配、安全面での心配など多くの心配もあります。

しかし、愛犬と同居することで逆にアレルギーが出にくくなることもあります。

最近の研究では、赤ちゃんと犬が同居することによって免疫力が高まるという効果が認められているそうですよ。

昔の子が現代っ子よりも体が強くて丈夫だったのは、裸足で外を歩き回り、今よりも自然との触れ合いが多かったからという人も多いですが、それと同じような考え方なのかな?

 

犬を飼っていると、犬の持つ「エンドトキシン」という物質が空気中に浮遊するんだそうです。

この「エンドトキシン」を幼児期に適量体内に取り入れることで、アレルギーに対する免疫力が上がるんだとか。

実際に「犬と同居している赤ちゃん」の方が、アレルギーを発症しにくいという研究結果も出ています。

また、犬を飼っている赤ちゃんの方が鼻や呼吸器官の機能が強くなるそうです。

 

アレルギーとは全然関係ない話になりますが・・・。

赤ちゃんと犬が一緒に暮らすことで、子供に愛情豊かな心が育まれたり、命の大切さを実感できるなどメリットは様々です。

特に赤ちゃんを犬が守ろうとするしぐさには、親も癒されますしね(*´ω`*)

育児に追われて心がカサカサした時に、子供にワンコが寄り添って寝ている姿には何とも言えないほっこりとした気持ちを感じることができますよ。

 

さいごにー犬と赤ちゃんの接触はいつから?同居でアレルギーやばい菌は大丈夫? 

子供が小さい頃には、安全面や衛生面で赤ちゃんと愛犬の同居において気を配らなければならな事も多いですが、それ以上に得られるものも多いです。

育児で時間のない時は大変な事も多いですが、明るい未来の為にも何とか乗り切って下さいね。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました